スマホ 格安 おすすめ

格安スマホ(格安SIM)に替えると毎月のスマホ料金が1/3になって年間60,000円もおとくになります!

はじめまして。サイト管理人のふっくと申します。
私はドコモショップに勤めて12年になる現役ドコモショップ店員で、仕事柄一通りスマホのOSはAndroid・iOS・BLACKBERRYなど触ってきて、現在はドコモ版iphone 6に格安SIMを入れて使ってます。

格安SIMに替えてからは今まで支払っていた半分以下の月額1,910円でスマホを使えてます☆
通信エリアはドコモと同じで、YouTubeなどの動画も快適に見れています。

通常、大手キャリアでスマホを使おうとすると基本料金と通信料金を合わせても最低6,500円ほどかかります。

ちなみにドコモでの最安プランだと、、

基本料金:カケホーダイプラン 2,700円
通信料金:データパックS(2GB) 3,500円
SPモード:300円

合計:6,500円

これが毎月かかると結構な金額ですが、同じ通信量で格安スマホにした場合はこの様になります。

(格安スマホDMM mobileの内訳)
通話プラン+データ通信2GB 1,380円

合計:1,380円


その差はなんと5,180円にもなります。

私はもう少し通信をするので5GBのプランにしていますがそれでも月額1,910円です。それでもドコモに比べて半額以下です。


そんな私がおすすめする格安SIMは、ビートたけしさんのCMでおなじみのDMM.comが運営するDMM molile(ディーエムエムモバイル)
                      ↓

DMM mobile

ちなみにショップの同僚もNexus 5xやiPadで使ってます。


DMM mobileのイチオシポイントは月額料金が業界最安値なこと。

データ通信専用プラン(1GB)なら月額480円!のワンコイン以下の料金。料金の安さならどこにも負けません。

プランは1GBの他に1GB/2GB/3GB/5GB/7GB/8GB/10GB/20GBの9段階から自分の使う通信量に合わせたプランも選べます。

ちなみにモバイル環境の市場調査で有名なMMD研究所の調査によると日本のスマホユーザーの約半数が月間1〜3GBの通信量だというデータが出ています。

自分がどの程度データ通信を使っているのか分からない場合は、最初は多めに3GB(月額850円)くらいからスタートして2〜3ヶ月程度使用して一ヶ月で使う通信量の平均を確認したら最適なプランに変更するのがおすすめです。

プラン変更は翌月から適用されますが、プラン変更の手数料などはかからないので安心して下さい。


私は仕事の休憩中や外出時にテザリングを使うので少し余裕を持って5GBの通話プランで使っていて毎月1,910円で済んでます。
ちなみに毎日の通信量の内訳はメール受信50件・ネット閲覧30分・ゲーム1時間・テザリング30分程度です。


続いて通話料のおはなし。

DMMmobileの最安通話プランは月額料金1,260円(データ通信量1GB)こちらも業界最安値ですが、通話料は20円/30秒の従量課金なので通話料金は正直安くありません。

なので一ヶ月の通話料が2000円以上の方なら通話し放題のガラケーと格安スマホとの2台持ちにすることで月額2,680円で使うことができます。

【2台持ちの内訳】
ドコモ カケホーダイプラン(ケータイ):月額2,200円
DMMmobile データ通信1GBプラン:月額480円

合計:2,680円


ドコモのスマホだと1台でも月額6,500円かかりますが、ガラケー&格安スマホのセットなら2台持ちでもドコモスマホの半額以下で使えるのでとってもおすすめです。



DMM mobile



格安 スマホ 端末



数あるSIMフリースマホの中で私がおすすめするSIMフリースマホを国産機種・海外機種それぞれ紹介していきます。

国産機種のイチオシは富士通のarrows M02



この機種はドコモではF-01H(arrows fit)の型番で発売されているモデルをSIMフリー版にした端末なので、日本のスマホユーザーが求める機能の防水・防塵・おサイフケータイが全て搭載されています。
コンパクトサイズながら米国国防総省の耐久規格であるMIL(ミル)規格に対応しているので真夏のビーチや雪山でのスキー・スノーボードなどの普通のスマホでは故障しがちな状況でも安心して使えるSIMフリースマホです。

端末価格は約30,000円(価格.com 2016/4/27現在)

ちなみにMIL規格の耐久試験は以下の14項目です。
防水・防塵・耐衝撃・耐振動・耐日射・防湿・塩水耐久・高温動作・高温保管・低温動作・低温保管・定圧動作・定圧保管

軍隊が求める耐久性を兼ね備えてるのにもかかわらずシンプルな形と性能のバランスが取れているのがおすすめポイントです。




続いて海外機種のイチオシはコストパフォーマンスが非常に高い台湾ASUSZenfone Goがおすすめです。




こちらは液晶サイズは5.5インチで画面が非常に大きく、ASUS独自UIの「Zen UI」でスマホ初心者でも分かりやすく使えるのが特徴。

端末価格は約20,000円(価格.com 2016/4/27現在)

電池容量も3010mAhと大容量なので充電をうっかり忘れてもフル充電なら2日は電池が持ちますし、サクサク動く軽快さもオススメポイントで、今ならZenfone Go購入でGoogleドライブストレージ100GB分が2年間無料で使える特典もついてきます。

大容量バッテリー&大画面なのにサクサク、しかも安い。非防水以外は弱点が見当たらないスマホです。




DMM mobile


スマホ 格安 おすすめ ランキング



日本のスマホユーザーの約半数が使っている通信量の月間3GBで月額料金が安い順にデータ専用プランの格安SIM事業者のランキングです。


ぜひ格安スマホ選びの参考にして下さい。


1位 DMMmobile(ディーエムエムモバイル)

DMMmobile公式サイトはこちら

DMMmobile(ディーエムエムモバイル)はドコモ回線格安SIMで業界最安値!月額料金は850円
他社が最安値を発表しても必ず対抗値下げをするので既存ユーザーも常に最安値で使えます。
ドコモの回線だから通信エリアも問題ありません!
プランは最低1GBから選べるので通信が少ない方でも申し込みしやすいのも隠れたおすすめポイントです。

DMMmobile公式サイトはこちら

2位 mineo(マイネオ)

mineo公式サイトはこちら

ドコモ回線もau回線も使える格安SIM事業者はmineo(マイネオ)だけです。月額料金は900円。
auプランとドコモプランを使ってる家族同士でもパケットシェアができたり「フリータンク」でmineoユーザー同士で余った通信量が1GBもらえるのは他にはないmineoだけのサービス。
申込初月は通信量がプラス1GBのサービスもあります。

mineo公式サイトはこちら

3位 IIJmio(みおふぉん)

IIJmio(みおふぉん)公式サイトはこちら

ネットワーク品質で定評のあるIIJが運営する老舗格安SIM事業者でDMMmobile・ビックカメラ・イオンスマホの中身はIIJmioだと知れば信頼性の高さも納得されるではないでしょうか?
月額料金は900円。
ほかには月間通信量を超えても無料の「バースト転送」で低速通信時でもwebページの読込が速いのもおすすめポイントです☆

IIJmio(みおふぉん)公式サイトはこちら




業界最安値のDMMmobile
フリータンクのmineo
キャリア並みの信頼性のIIJmio

3社ともに基本の通信速度・安定性はしっかり抑えた上で特徴あるサービスのある格安SIM事業者です。
この3社の中から選べば快適な格安スマホライフを送れますよ。



スマホ 格安 おすすめ 会社



DMMmobileは安さの他にドコモ回線を使用している格安SIM事業者の中でもトップクラスの通信安定性を誇っているのもおすすめポイントです。



平日のランチタイム(11:00〜14:00)だと回線が混雑してしまいwebページの読み込みに非常に時間がかかる格安SIM事業者もありますがDMMmobileはそんな混み合う時間帯でも安定した通信速度を出してくれるので、慌ただしいランチタイムでも快適にスマホを使うことができます。


そしてデータ通信専用プランならいつ解約しても解約金はかからないので手軽に始めることが出来るのも隠れたおすすめポイント☆

月間通信量1GBのプランなら月額料金480円と非常に安いので、白ロムのスマホやタブレットでモンストなどのスマホゲームのサブアカウント用に使ったり、これから子供にスマホを持たせようと考えているご家庭でも手軽に始められます。

LINEの通話機能を使えば問題なく使用できますし、お子さんに持たせて通話料が高額に!なんて事もデータ専用プランなら心配ありません。

今まで使っていた電話番号もMNP(モバイルナンバーポータビリティ)を使えば電話番号も変わらず格安スマホに乗り替えもできます!
今利用しているドコモ・au・ソフトバンクなどのキャリアスマホから格安スマホに乗り替えるとスマホ料金は劇的に安くなり毎月5,000円・年間60,000円も節約できます。

そして家族まとめて格安スマホに乗り替えなら年間10万円単位でおとくになります。家族4人で乗り替えると年間24万円も節約できます!

浮いたお金で欲しかった時計やアクセサリーを買ったり、旅行資金や車の購入資金に。。
なんていうのもイイですね。夢が膨らみます☆


ちなみに私は格安スマホに替える前はauスマホで毎月8,000円ほど支払っていましたがDMMmobileの通話プラン(データ通信5GB)に乗り替えたら毎月の料金が1,910円になって、なんと毎月6,000円も安くなりました☆ 年間で72,000円です!めちゃくちゃおとくになりました!

そして浮いたお金でマンガが沢山買えるようになりました♪いま弱虫ペダルにハマってるんですけど、マンガって何冊も買うと結構な金額になるんですよね。





今は気にせずガンガン買えるので、全巻あっという間に揃っちゃいました!
いや〜、ほんと格安スマホに乗り替えて良かったです☆




最後にまとめ。

・格安スマホに乗り替えると毎月の料金が1/3になります。
・いままでの電話番号もそのまま使い続けられます。
・通信エリアもドコモと同じで変わりません。
・ドコモのスマホをお持ちなら今のスマホもそのまま使えます。



使い勝手も変わらず料金が安くなるなら乗り替えない手はありません。
格安スマホの申込はこちらです。
  ↓
DMM mobile